顧問弁護士で経営トラブルを解決

顧問弁護士で経営トラブルを解決

admin No Comments

個人の場合はともかく、企業における法的トラブルが発生した際は、個人の時よりも事態がややこしくなる場合が多くあります。会社全体が関係していますので、安易に物事を勝手に進めることも出来ません。
会社が遭いやすいトラブルとしては、取引先との取引上のトラブル、顧客との商品販売等に関するトラブル、雇用している、または以前雇用していた従業員から給与の支払い等に関して訴えられるというトラブル…そのほかにも様々な事例が考えられますが、そのような場合に、問題を解決する役割の人間がいないと、どうしようもありません。

そうした際に有効なのが顧問弁護士です。会社に法務部を設置している会社はあると思いますが、トラブルが深刻なものになると対処できないこともあります。顧問弁護士であれば、迅速な対応やその企業に応じたアドバイスをしてくれるなどのメリットがあります。
顧問弁護士を雇う場合の費用としては、月額3万~10万円程度が相場といわれています。この金額だけ見ると高いと感じてしまうかもしれませんが、トラブルの際に誠実に対応してくれる、顧問弁護士とコミュニケーションを取ることでトラブルを事前に防ぐことができるなどのメリットを考えれば決して高くないといえるでしょう。